Diff of FrontPage

http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/akihiro/wiki/index.php?FrontPage

#ref(portrait2015.JPG,nolink,around,right,20%);

&br;
&br;
&br;

''&size(24){Aki-Hiro Sato};'' &br;
''&size(24){佐藤 彰洋};'' &br;
[[京都大学:http://www.kyoto-u.ac.jp/]] [[大学院情報学研究科:http://www.i.kyoto-u.ac.jp/]] [[数理工学専攻:http://www.amp.i.kyoto-u.ac.jp]] 特定准教授 &br;
//[[キヤノングローバル戦略研究所:http://www.canon-igs.org/]] 研究員 &br; 
//( http://www.canon-igs.org/fellows/aki-hiro_sato.html ) &br;
[[科学技術振興機構 さきがけ研究員:http://www.jst.go.jp/kisoken/presto/project/204bigdata/15655008.html]] &br;
''専門:''データ中心科学, 経済物理学, 経済情報学 &br;
''住所:'' 〒606-8501 京都市左京区吉田本町 &br;
''部屋:'' 吉田キャンパス本部構内工学部1号館215号室 ([[地図:http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/]])&br;
-''E-mail:''
#mail(aki@i.kyoto-u.ac.jp);
-''Tel:'' 075-753-5515
-''Fax:'' 075-753-5515 &br;
-''研究紹介ビデオ:'' https://www.youtube.com/watch?v=PjvPJaN3518

&br;
RIGHT:''日本語''/[[英語:http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/akihiro/wiki_eng/]]

----
''研究テーマ:集団行動に対するマネージメント''(データ中心社会科学,経済情報学,経済物理学)
-観測とデータ分析(網羅的分析/並列計算/データ収集方法/電子商取引データ)
-確率過程と統計分析 (ランダム乗算過程/ARCH/GARCH/分布混合モデル/検定/Tsallis統計/時系列分割/リスク推計)
-人の移動と観光情報(航空輸送/ホテル予約データ/旅行医学)
-金融市場のモデルと分析 (確率過程/エージェントモデル/統計的性質/可視化・定量化/循環的因果律) 
-情報理論(最尤法/情報エントロピー/ スペクトラルエントロピー/乱数生成)
-エネルギーマネジメント(EMS/エネルギー市場/エネルギーと社会システム)

-----
→[[過去のお知らせ]]
***What's new [#q2ad4c5e]
-2018年3月11日(日)〜13日(火) [[京都観光データウォーク:http://www.fttsus.jp/spring2018]]を開催します。お申込み締切1月29日です。[[入力フォーム:http://www.fttsus.jp/spring2018/registration/]]に必要事項ご記入頂き、お申込みください。先着24名となり次第募集締切とさせて頂きます。
-2018年1月13日(土) [[世界メッシュコード研究会:http://www.fttsus.jp/worldgrids/ja/news/]]を[[京都市oinai-karasuma:http://oinai-karasuma.jp/]]で開催します。
-2018年1月13日(土) [[世界メッシュコード研究会:http://www.fttsus.jp/worldgrids/ja/news/]]を[[京都市oinai-karasuma:http://oinai-karasuma.jp/]]で開催しました。
-2018年1月8日 Aki-Hiro Sato, Paolo Tasca, and Takashi Isogai, "Dynamic Interaction Between Asset Prices and Bank Behavior: A Systemic Risk Perspective", [[arXiv:1504.07152:http://arxiv.org/pdf/1504.07152.pdf]] ([[アブストラクト:http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/akihiro/wiki_eng/index.php?abstracts#CEF2015]])が[[Computational Economics:https://link.springer.com/journal/10614]]において掲載採択となりました。
-2017年12月13日 BDMM 2017 in IEEE Big Data 2017, Boston, 11-12 Dec. 2017
Data Hackathonにおいて Kyoto University Team(Ryosuke Kawamori, Aki-Hiro Sato)が第1位を獲得しました。
#ref(photo20171213.png,nolink,right,75%)
-国際ワークショップ論文発表: 2017年12月13日, Aki-Hiro Sato "Characterization of Cities Based on World Grid
Square Statistics about Specific Properties", 3rd International Workshop on Big Data for Sustainable Development in IEEE Big Data 2017, Boston, USA
-国際ワークショップ論文発表: 2017年12月13日, Aki-Hiro Sato, Shoki Nishimura, Hiroe Tsubaki, "World Grid Square Codes: Definition and an example of world grid square data", 3rd International Workshop on Big Data for Sustainable Development in IEEE Big Data 2017, Boston, USA
-国際ワークショップの開催: [[3nd International Workshop on Big Data for Sustainable Development:http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/wordpress/ieeebigdata2017/]] was held with [[2017 International Conference on Big Data (IEEE Big Data 2017):http://cci.drexel.edu/bigdata/bigdata2017/]] in Boston, USA on 13 December 2017. 
//#ref(title2.JPG,nolink,40%)
-2017年12月16日 京都大学デザイン学大学院連携プログラム・[[デザインワークショップ「金融情報システムとデータデザイン」:http://www.design.kyoto-u.ac.jp/event/forthcoming/9362/]]を開催しました。
#ref(Design-Workshop_20171216.jpg,nolink,left,30%)
-2017年11月8日 Aki-Hiro Sato, Shoki Nishimura, Naoki Makita, Tsuyoshi Namiki, Hiroe Tsubaki, "[[World Grid Square Statistics and their application to data analytics:https://statswiki.unece.org/download/attachments/129178137/S3_SATO%202017World%20Grid%20Square%20Statisticsv52.pptx?version=1&modificationDate=1509980029654&api=v2]]"を[[Joint UNECE/UN-GGIM Workshop on Integrating Geospatial and Statistical Standards:https://statswiki.unece.org/display/Geo17/Workshop+on+Integrating+Geospatial+and+Statistical+Standards+2017]](スウェーデン・ストックホルム)にて口頭発表しました。
#ref(UNECE_UNGGIM2017.jpg,nolink,right,45%)
-2017年11月2日 成果報告会, 佐藤彰洋, "[[経済社会環境データを用いた経済社会システムのストックとフローに対する大規模計算:https://www.hpci-office.jp/output/hp160060/outcome.pdf]]", 第4回「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題成果報告会にてH28年度課題[[hp160060:https://www.hpci-office.jp/output/hp160060/resume.pdf]]の成果を報告しました。
-2017年10月10日 佐藤彰洋,"[[レジリエンス改善のための災害リスク評価:https://www.jstage.jst.go.jp/article/trafst/11/2/11_135/_pdf]]", 横幹(Oukan), Oukan Vol.11, No.2 (2017) pp. 135-144が公開になりました。
-2017年9月20日 [[社会シミュレーション世界を「見える化」する:https://www.tdupress.jp/bd/isbn/9784501630706/]](横幹<知の統合>シリーズ)が東京電機大学出版会より9月20日発売となります。3章「データ分析を社会のシミュレーションに利用する」の執筆を担当しました。
#ref(https://www.hanmoto.com/bd/img/9784501630706_250.jpg,nolink,20%);
-2017年9月15日 [[京都大学サマーデザインスクール2017:http://www.design.kyoto-u.ac.jp/sds2017/index.html]](2017年9月13日〜15日)にて[[「データによる京都発見!?〜地域課題の解決と新たなサービス・ビジネス創出を目指して〜」:http://www.design.kyoto-u.ac.jp/sds2017/theme07.html]]を開催しました。
-2017年9月1日 国際ワークショップ論文募集: [[3nd International Workshop on Big Data for Sustainable Development:http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/wordpress/ieeebigdata2017/]] を米国ボストンで2017年12月11日〜15日で開催される [[2017 International Conference on Big Data (IEEE Big Data 2017):http://cci.drexel.edu/bigdata/bigdata2017/]] において開催します. 
-2017年8月31日-9月1日 [[H29年度第1回統計数理研究所共同利用研究集会人流物流金流ネットワークとその周辺]]を東京都立川市統計数理研究所にて開催しました。
-2017年8月30日 [[科学技術振興機構さきがけ研究「グローバル・システムの持続可能性評価基盤に関する研究」のインタビュー記事:http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1708/30/news001.html]]がIT mediaに掲載されました。
#ref(http://image.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1708/30/ki_nec04.jpg,nolink,right,20%)
-2017年7月4日-8日 [[The 1st IEEE International COMPSAC Workshop on Data Science Challenges in Algorithm and Complexity(DSCAC):https://www.computer.org/web/compsac2017/data-science-challenges]]を開催しました。
#ref(COMPSAC2017.jpg,nolink,60%)
-2017年7月6日 国際会議講演: Aki-Hiro Sato, "Inference of Extreme Synchrony with an Entropy Measure on a Bipartite Network", [[2017 IEEE 41st Annual Computer Software and Applications Conference::https://www.computer.org/web/compsac2017]], Turin, Italy (採択率32.2%)
-2017年6月23日 国際会議講演: Aki-Hiro Sato "[[Data Infrastructure for Data Applications:https://custom.cvent.com/E5C28A0D212A415D9AD3C8B699EBC072/files/82661a63c16c4780ba2124dd68cf48bd.pdf]]", [[6th UNWTO International Conference on Tourism Statistics: Measuring Sustainable Tourism:http://asiapacific.unwto.org/event/6th-international-conference-tourism-statistics-measuring-sustainable-tourism]], 21 June 2017 - 24 June 2017, Manila, Philippines
#ref(http://statistics.unwto.org/sites/all/files/background-header-web.png,nolink,20%)
-2017年5月18日 科学技術振興機構さきがけ研究「グローバル・システムの持続可能性評価基盤」(研究代表:佐藤彰洋)が[[NEC Cloud Iaas 導入事例:http://jpn.nec.com/pfsol-interview/kyotouniv.html]]としてインタビューを受けました。
#ref(http://jpn.nec.com/pfsol-interview/images/title_kyotouniv.jpg,nolink,right,15%)
-2017年5月16日 [[世界メッシュ研究所:http://www.fttsus.jp/worldgrids/]]が[[宇宙API:https://www.spaceapi.info/]][[宇宙ディレクトリ:https://www.spaceapi.info/spacedirectory/gis/jis-x0410/]]で紹介されました。
-2017年5月15日 [[EU-Japan Workshop on Big Data for Sustainability and Tourism:http://www.hl.iue.fh-kiel.de/EUJP2017/]]が[[2017 International Year for Sustainable Tourism for Developmentサポートイベントとして正式登録:http://www.tourism4development2017.org/events/eu-japan-workshop-on-big-data-for-sustainability-and-tourism/1488934800/]]されました。

***書籍紹介 [#sbd2dc97]
-林高樹/佐藤彰洋著,[[金融市場の高頻度データ分析 ―データ処理・モデリング・実証分析―:https://www.asakura.co.jp/books/isbn/978-4-254-29543-6/]](朝倉書店)
#ref(112591.jpg,nolink,32%,center,wrap)

-Aki-Hiro Sato, [["Applied Data-Centric Social Sciences: Concepts, Data, Computation, and Theory":http://link.springer.com/book/10.1007%2F978-4-431-54974-1]], Springer (2014)
#ref(applied-data-centric-social-sciences.jpg,nolink,100%)

-2016年3回生後期 数理工学セミナー [[データ科学の数理GitHub:https://github.com/kdrl/Applied-Data-Centric-Social-Sciences]]

***プロフィール [#pce7c47e]
-[[略歴]]
-[[総覧情報:http://amech.amp.i.kyoto-u.ac.jp/~aki/souran/aki-j.html]]
***研究紹介 [#h1c020f3]
//-[[動機]]
//-[[研究内容]]
//--[[ランダム乗算過程:http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/akihiro/research/contents/RMP/index-j.html]]
//--[[価格変動モデル]]
//--[[べきノイズ発生回路]]
//--[[画像フィルター:http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/akihiro/research/contents/Animation/index-j.html]]
//--[[外国為替市場の構造分析]]
//--[[経済物理学]]
-[[発表論文]]
-[[アブストラクト:http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/akihiro/wiki_eng/index.php?abstracts]]
-[[摘要]]
-[[研究成果]]
-[[口頭発表]]
-[[リンク集]]
***活動 [#cd8512c3]
-[[学会・社会活動]]
//-[[京都大学情報学若手コロキュアム:http://www.i.kyoto-u.ac.jp/Informatics-Young-Colloquium/]]
//-[[統計数理研究所「経済物理学とその周辺」研究会:http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/akihiro/pukiwiki/economics/]]
-[[国内外研究集会のおしらせ:http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/akihiro/wiki/index.php?Workshop]]
-[[東北地方太平洋岸三県宿泊検索:http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/akihiro/tohoku/]]
-[[日本学術振興会基盤研究(C)25390152:http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/]]
-[[日本学術振興会基盤研究(B)26282089:http://amech.amp.i.kyoto-u.ac.jp/26282089/]]
-[[講義資料]]
//***計算機 [#i04c29e8]
//-[[PHPのページ:http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/akihiro/computer/php/index-j.php]]
//-[[PostgreSQLのページ:http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/akihiro/computer/postgreSQL/index-j.html]]
//-[[WebDBの構築:http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/akihiro/computer/webdb/index-j.html]]
//-[[LaTeXのページ:http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/akihiro/computer/latex/index-j.html]]
//***関係者専用 [#ge9cece7]
//-[[Local:https://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/akihiro/local/]]
//-[[数値計算演習:http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/akihiro/pukiwiki/ENA-announce/]]

Front page   Edit Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes