略歴

http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/akihiro/wiki/index.php?%CE%AC%CE%F2
Last-modified: 2016-08-20 (Sat) 13:59:30 (397d)

略歴

佐藤 彰洋 (さとう あきひろ)
京都大学大学院情報学研究科 佐藤彰洋
キヤノングローバル戦略研究所 研究員
科学技術振興機構 さきがけ研究員

2001 年3月東北大学大学院情報科学研究科修了。博士(情報科学)。 2000 年-2001 年日本学術振興会特別研究員(DC)。 2001年4月より京都大学大学院情報学研究科数理工学専攻助手. 2007年4月より現職。2015 年10月より科学技術新興機構さきがけ研究員。 専門はエージェントモデルと確率過程。応用としてのデータ中心科学(経済情報学、経済物理学)の研究に従事。多くの要素(エージェント)の相互作用の結果生じる共同現象に興味を持ち、共同現象のメカニズムの理解、設計を研究テーマとする。日本統計学会、 情報処理学会, 日本証券・計量・工学学会, 進化経済学会, IEEE Computer Society, IEEE Computational Intelligence Societyなどの正会員。平成18年度情報処理学会山下記念研究賞第2回「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題優秀成果賞(2015年)第4回横幹連合木村賞(2015年) 受賞。

専門はデータ中心科学(経済物理学、経済情報学)で、多くの要素(エージェント)の相互作用の結果生じる共同現象に興味を持ち、データに基づく共同現象のメカニズムの理解、設計を研究テーマとしています。研究の詳細については、研究内容あるいは発表論文をご覧ください。


2015年10月-現在 科学技術振興機構 さきがけ研究員
2015年2月-現在 キヤノングローバル戦略研究所 研究員
2012年10月 スイス連邦工科大学 客員研究員
2010年3月-9月 キール大学経済学部客員研究員 日本学術振興会優秀若手研究者海外派遣事業(常勤研究者)による
2007年10月-2012年3月 京都大学グローバルCOEプログラム「知識循環社会のための情報学教育研究拠点」知識グリッドコンピューティングコア研究協力者
2007年4月-5月 ワルシャワ工科大学物理学部客員研究員
2007年4月-現在 京都大学大学院情報学研究科数理工学専攻助教
2001年4月-2007年3月 京都大学大学院情報学研究科数理工学専攻助手
2000年1月-2001年3月 日本学術振興会特別研究員(DC) 東北大学電気通信研究所
1997年4月-2001年3月 東北大学大学院情報科学研究科システム情報科学専攻(博士課程)
1993年4月-1997年3月 東北大学工学部機械知能工学科


Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes