宿泊施設の時空間分析

http://ssuopt.amp.i.kyoto-u.ac.jp/akihiro/wiki/index.php?%BD%C9%C7%F1%BB%DC%C0%DF%A4%CE%BB%FE%B6%F5%B4%D6%CA%AC%C0%CF
Last-modified: 2014-05-22 (Thu) 20:54:10 (1764d)

研究内容

宿泊施設の時空分析

日本国内にあるホテルや旅館などの宿泊施設の利用可能性が時間的にどのように変化するかについて研究しています。観光マネージメントの研究によると、人が旅をするとき"push"効果と"pull"効果の両方の影響があると言われています。"push"効果とは旅行者を日常の生活から旅行という非日常へ押し出す要因を指します。"pull"効果とは旅行者を惹きつける地域ごとの魅力のことを指します。経済の言葉では、"push"効果は需要側の要因、"pull"効果は供給側の要因と見ることができます。日本国内の宿泊施設に関する位置情報と利用可能な宿泊プラン数を調べることにより、"push"効果と"pull"効果に関係する宿泊施設の利用可能性の地域依存性およびその時間依存性を調べています。

20111209-20111203-stock.png

2011年12月9日(2011年12月3日時点)の残りプラン数. 赤色は30以上の残りプラン数があることを示す.

20111209-20111203-price.png

2011年12月9日 (2011年12月3日時点)の代表プラン価格. 赤色は50,000円以上のプラン価格であることを示す.


Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes